その4:ぼぼさ(bobosa)


 

・飛騨では子供(赤ちゃん)のことをぼぼと呼ぶ。さるぼぼは猿のあかちゃんの意味であり、ぼぼさは子供の描いた絵をさす。
 そこから転じて図面やスケッチが描いてある紙を意味する。

使用例:

×まちがい例
親方「ぼぼさ何処行った!。」

下っ端A「(親方のぼぼさは)さっき買い物行きました。」